TOP

葬儀の費用を抑えるために

葬儀をする際には費用がかかりますが、遺族の経済状況によってはこの費用が大きな負担になってしまい、その後の生活が苦しくなってしまう場合も考えられます。そのため、経済状況に合わせて費用を考える事ができるように、どうやったら葬儀の費用を抑える事ができるのかを知っておくと良いでしょう。故人の見送りをするための葬儀をした事で、遺族の生活に大きな負担となってはいけないため、きちんと自分たちの経済状況に合った葬儀をできるようにするのが重要です。

葬儀の費用を抑えるために一番良い手段は、参列者の数を少なくするというものです。費用の中で最も大きな割合を占めるのが、会場費用と参列者に振る舞う食事や飲み物の代金、そして香典返しなどの費用で、これは参列者が多ければ多い程費用も高くなります。そのため、参列者の数を少なくする事で、こういった部分の費用を大きく減らす事ができ、結果的に葬儀全体の費用を抑える事に繋がります。特に家族葬や直葬などの形式の場合、参列者が親族や故人と親しかった友人などに限られるため、費用を抑えやすくなるでしょう。

もうひとつの手段として、国民健康保険加入者であった場合に利用できる葬祭費の補助、扶助制度を利用するというものがあります。国民健康保険に加入していた場合、亡くなってから2年以内に申請をする事で、葬祭費としてある程度のお金が支給されます。葬儀そのものの費用が安くなるという訳ではありませんが、支給された金額分負担が少なくなるため、こちらも知っておいて損はありません。また、保険サービスの中には葬儀に特化したものもあるため、利用する事で費用の割引をしてもらったりする事ができ、費用を抑えたいという時に重宝するでしょう。

ページの先頭へ戻る