TOP

葬儀の形式にはどんな種類があるのか

近年、さまざまな形式で葬儀を行う方が増えてきているため、自分の葬儀について考える際にはどんな形式があるのかを知っておいた方が良いでしょう。形式によって手順が違っていたり準備の段階からまったく違うものまであるため、形式ごとの特徴をきちんと知っておいた方が良いです。では、形式の種類やその特徴にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

まず、近年行う人が多くなっている葬儀の形式が家族葬です。家族葬は故人の親族や親しい友人だけで行われるため、参列者が一般的な形式に比べて少ないという点が大きな特徴となっています。参列者が親しい人だけで行われるため、一般的な形式に比べてアットホームな雰囲気で葬儀を行えます。故人があまりしめやかな雰囲気ではなく、明るい雰囲気で見送って欲しいと希望していた時などにはこの形式がおすすめです。同じように限られた参列者で行われる密葬と同じだと考えられがちですが、密葬の場合は、その後に本葬と呼ばれる一般的な形式の葬儀を行うため実際にはまったく違った形式となっています。

もうひとつ特徴的な形式の葬儀として、直葬と呼ばれる形式があります。この直葬の大きな特徴は、通夜や告別式を行わず、火葬だけを済ませるというものです。そのため通夜や告別式でかかる費用が必要なくなるため、非常に安い価格で葬儀を行う事が可能になります。自分の葬儀にあまり費用をかけて欲しくない、経済的に一般的な形式で行うのが難しいという場合には、この直葬という形式がおすすめです。このように形式ごとに特徴があり、費用なども大きく違ってくるため、どういった特徴や費用の違いがあるのかを知っておくといざという時に重宝します。

ページの先頭へ戻る