TOP

葬儀のマナーを知っておく

葬儀にはマナーがあり、これを知らないと恥をかくだけでなく、遺族に対して非常に失礼な行動をしてしまう場合があります。また、喪主と参列者では必要とされるマナーも違ってくるため、それぞれのマナーを知っておく必要もあります。どちらもあまり経験する機会は多くないため、場慣れをして覚えるという事は難しいですし、その時になってから慌てて覚えるのも難しいため、事前に知っておいた方が良いでしょう。

喪主として覚えておきたいマナーのひとつが、喪主としての挨拶です。これは喪主になった時には必ずしなければならないものであるため、どういった挨拶をすればいいのかを知っておく必要があります。喪主として葬儀で挨拶をする場合、忌み言葉に気を付けなくてはいけません。重ね重ね、たびたびなど同じことを繰り返すという意味の言葉は、不幸が続く事を連想させるため使わないようにしましょう。どういう挨拶をしなければならないのかを考える時には、インターネットなどを利用すると例文などを多く見つける事ができるため、それを参考にどういった挨拶をするのかを考えてみてはどうでしょうか。

参列者のマナーとして覚えておきたいのは服装です。基本的には喪服ですが、もし急な通夜などの場合は黒いスーツでも問題ないとされています。また、女性の場合は着物でないといけないとされていましたが、近年ではスーツを着ても問題ないとされる場合も増えてきているため、無理に着物を用意しなくても良いでしょう。遺族への挨拶をする時にはなるべく手短に終わらせ、他の弔問客への対応で忙しい遺族に手間をかけさせないよう気を付ける事もマナーのひとつです。

ページの先頭へ戻る